• 新着情報
  • 会社情報
  • 企業理念
  • アルマードの研究
  • 採用情報
  • お問い合わせ

社長挨拶

日頃から格別のご支援ならびにご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。

私ども株式会社アルマードは、大手食品メーカーのご協力により、国内で最初に卵殻膜のサプリメントと化粧品を市場にご提供させて頂いた会社で御座います。
女性は120才まで元気で綺麗に、そして男性は生涯現役との思いを強く持ち、一人でも多くのお客様に、卵殻膜の素晴らしさを実感して頂きたく、商品開発や研究に取り組んでおります。
「TO-Ⅱ+」は発売以前から、卵殻膜とⅢ型コラーゲンの関係について研究に取り組んで参りました。東海大学の岩垣博士による基礎研究が様々な成果を挙げ、2007年4月からは東京大学の産学連携本部と新たな共同研究がスタートし、食品および化粧品の原料として卵殻膜の更なる可能性に関する、より高度な研究を行っております。

ご担当頂くのは、東京大学のⅢ型コラーゲンの研究者である応用生命科学の加藤久典博士。さらに身体運動科学研究室教授の跡見順子博士と桜井隆司博士の2つのグループで研究がスタート致しました。(上記については日本経済新聞2007年4月23日の紙面に掲載されました)

その後、随時学会発表を通じて皆様方にお知らせ出来ればと存じますのでどうぞご期待下さい。

卵殻膜は歴史的に生活の知恵として様々な使われ方をしてきました。卵殻膜は、21世紀の新しい原料として、活躍がスタートしたばかりです。

今後この卵殻膜が美と健康の素材として、多くの皆様方にご支持頂ける原料として成長し続ける事と確信を致しております。

そして、株式会社アルマードはオンリーワン商品の物創り会社として、多くのお客様の必需品としてご期待頂ける物創りをして参ります。何分ご支持を賜ります様、お願い申し上げます。
尚、お客様のご意見も商品作りに取り込んで参りたいと存じます。様々なご意見・ご要望をお待ち致しております。
今後とも株式会社アルマードの卵殻膜にご期待を頂き、ご愛顧を賜ります様、重ねてお願い申し上げます。



株式会社アルマード 代表取締役 鈴江 祐未
ページトップへ